マニュアルセラピーインターナショナル東京の紹介

マニュアルセラピーインターナショナル東京は、国際的に活動をしている優秀なインストラクターや臨床経験豊かな優れた理学療法士を招き、理学療法を中心としたリハビリテーション関係の最新技術と知識を学ぶ非営利の勉強会です。アメリカ、カナダ、ヨーロッパ各国、そして日本国内からも優れた講師を招き、勉強会を行っています。

当会のワークショップは、基礎知識の講義のみに止まらず、デモンストレーション、実技、ディスカッションなどを参加者の方々中心に行うことにより、明日からすぐに臨床で活用できる知識と技術を獲得することを目的としています。

非営利団体として、特定の個人や組織の推薦や支持、もしくは反対をすることを目的とせず、つまり、特定の理学療法手技にこだわることなく、そして、反対することもなく、広く社会に理学療法の普及と発展に寄与することを大きな目標としています。

発展途上の国々で、理学療法の向上と真剣に願う理学療法士の方々と共に学び成長していくことも当会の大きな目標のひとつです。参加者の皆様・講師陣のご理解とご協力により、発展途上国の理学療法士の教育活動を支援します。

マニュアルセラピーインターナショナルスタッフ紹介

小倉 秀子 PT, DPT

東京都新宿区出身。東京都府中リハビリテーション学院卒業し、日本理学療法士免許取得。1988年より1994年まで横浜市立大学付属病院に勤務。1995年渡米。1996年、サンフランシスコ州立大学にて、運動学を専攻し、1998年学士号。卒業後、米国カリフォルニア州理学療法士免許に合格し、外国人理学療法士に義務付けられている臨床インターンをスタンフォード大学メディカルセンターとスタンフォード大学/UCサンフランシスコ大学理学療法外来クリニックにて修了。現在は、カリフォルニア州サンフランシスコ在住。Ola Grimsby Instituteにて、Doctor of Physical Therapy Programを受講し、2005年にDPT。

稲垣 ちひろ

東京都世田谷区出身。東京女子大学哲学科卒業。1998年より2年間、カリフォルニア州スタンフォードに在住し、米国のみならず、様々な国からの学生やその家族と積極的な文化交流を行う。日本帰国後、世田谷区のボランティア活動や市民活動を支援。2002年MTI創設以来、事務局を担当し、海外から滞在する講師、理学療法士に様々な支援を行う。



↑画面先頭へ戻る



ホーム | MTI紹介 | ワークショップ | DVD | リンク集 | お問い合わせ
サイトマップ | ENGLISH PAGE



© 2005 Manual Therapy International Tokyo